ケーススタディ

皮膚科 整形外科 眼科 精神科 小児科 透析 婦人科 耳鼻科 内科

電子カルテの選び方

電子カルテと周辺システムの診療科別ソリューション

現在では、診療所における電子カルテの普及も30%に近づきました。電子カルテが一般的になるのに伴い、電子カルテを中心とした様々な「システム連携」が活性化しています。

電子カルテとの連動は、患者さんの待ち時間の緩和を目的とした「予約システム」や「順番表示システム」、医療機器とつなぎ、画像診断の結果や検査結果を自動で管理する「画像ファイリングシステム」や「検査データ管理システム」、レセプト点検業務を効率化する「レセプトチェックシステム」など、広範囲のシステムを連動させることが可能になっています。

また、電子カルテを中心としたソリューションは診療科ごとに特性があります。先生の診療科をクリックして、診療科別の代表的なIT化のポイントをご確認ください。