ケーススタディ

婦人科

婦人科診療所は、まず産科を標榜するかどうかで電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)に必要な機能が変わってきます。 産科では入院医療(病院向け電子カルテ・レセコン)の対応が重要となるため、希望する機能が搭載されているか確認する必要があります。 また、婦人科検診や乳がん検診など、検診(部門システム)をベースに診療を行なうスタイルもあるため、マンモグラフィや内視鏡、エコーなど様々な医療機器(医療機器・医療材料)の画像の取り込み方法(画像関連システム)もよく確認する必要があります。検診時の報告書(レポート)の作成が簡単にできるかどうかも確認ポイントです。
さらに、不妊治療を実施している場合は、外注検査(部門システム)や患者様への詳細な説明が必要になるため、そのツールについても準備する必要があります。 外注検査はホルモン検査や甲状腺検査など、婦人科特有の検査が多いため、外注先との連携のとりやすさも考慮する必要があります。 患者様説明については、妊娠カレンダーや予定表などが充実しているものを選ぶと、コミュニケーションが取りやすく、患者様の満足度向上も見込まれます。 カルテの記載量も多いため、すばやく多くの情報を登録できることも大切な要素です。 慢性的に受診する患者様も多いため、時系列に情報を把握する機能も活用されているケースが多いです。

イラスト

院内のシステム構成例

Case1
画像ファイリングとの連携

電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)各種医療機器(医療機器・医療材料)を連携させることで、画像ファイリング(画像関連システム)から撮影した画像をそのまま電子カルテに貼り付けることができるようになります。カルテに直接イメージを添付することで、カルテ内容が充実するほか、患者様説明にも有効です。

Case2
予約システムの活用

診療予約システム(受付待合関連機器システム)をうまく活用することで、診察室の混雑を緩和することができるようになります。予約システムの中には、診察順番や診察時間が近づくと携帯端末にメールを送る機能が付いているシステムもあります。クリニックの運用に合う機能を持つ予約システムを探すことも重要なポイントです。

Case3
外注検査

検査(部門システム)オーダーの際、伝票記入とスピッツラベルへの名前記載は手間がかかり、書き間違いなどの心配も残ります。 そこで、電子カルテと検査システム、ラベルプリンター(OA機器・什器備品)を連携させ、それらの資料を自動発行することで、手間と心配を軽減できます。外注検査の場合は、電子カルテと検査センターからのデータ取込の相性も事前に確認しておくとよいでしょう。