ケーススタディ

整形外科

整形外科診療所は、レントゲン撮影が多い診療科であることから、レントゲン機器(CR)(医療機器・医療材料)画像ファイリング(画像関連システム)電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)の連携が重要なポイントです。 さらに、リハビリテーションのカルテ記載が、他の診療科と比べ大きく異なる部分です。 いわゆるリハカルテの機能および運用が優れたメーカーが選ばれる傾向もあります。
また、患者数が比較的多いためにカルテ記載の時間があまり取れず、類似する疾患が多いこともあって、すばやく簡単に記載できる電子カルテが好まれています。 そして整形外科のスタッフの人数は他科に比べて多く、端末数が増える傾向があるため、タブレット端末などを活用し、できるだけ端末数を抑える工夫も重要です。

イラスト

院内のシステム構成例

Case1
画像ファイリングとの連携

電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)各種医療機器(医療機器・医療材料)を連携させることで、撮影した画像をそのまま電子カルテに貼り付けることができるようになります。カルテに直接イメージを添付することで、カルテ内容が充実するほか、インフォームドコンセントにも有効です。

Case2
リハカルテ

リハカルテ機能を使うと、電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)から依頼したリハビリ項目に合わせて実施入力ができます。項目の選定や表示方法については、メーカーごとに違いがあるため、電子カルテ選定時に確認が必要です。また、リハカルテの機能があるメーカーとないメーカーがありますので、こちらも電子カルテ選定時に確認が必要です。

Case3
タブレットの利用(iPad問診) ・各種閲覧

医師が診察室やリハビリ室を移動しながら診察するためのタブレット端末で電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)の内容やリハビリ状況を確認できる電子カルテも出てきています。医院の診療スタイルに合わせて、使う機能を選択し、活用していくことが円滑な診療をすすめる上でも重要なポイントになってきます。