ケーススタディ

皮膚科

皮膚科診療所は、皮膚の状態をデジタルカメラで撮影するケースが多く、「すばやく撮影して簡単に電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)に取り込める」機能が充実しているものが向いていると言えます。 これらの画像を下絵として症状を書き込める機能は、電子カルテによって差が出やすい部分であり、実際の場面を想定してシミュレーションを行いながら選定することも大切です。

また、皮膚科は処置が多い代表的な診療科であり、処置をしながらカルテを入力するのは難しいため、当然、簡単な操作が重視されます。

さらに、最近では美容分野に取り組む皮膚科診療所も増えてきているため、電子カルテにおける保険カルテと自費カルテの切り分けをする必要が出てきます。 また、診療予約システム(受付待合関連機器システム)との連携も視野に入れ運用を構築することで、業務の効率化も図れます。

 

イラスト

院内のシステム構成例

Case1
デジタルカメラ画像取込み

デジタルカメラの写真を電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)に取り込むことで、写真をカルテに添付したり、写真に手書きで所見を書き込むことも可能です。また、前回画像と比較することで患者様への説明も効果的に行えます。

Case2
自費と保険の切り替え

自費と保険の切替えは、電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)のメーカーによって表示に違いが出てきます。ワンクリックで切替えができるものや、タブで管理しているものなどがあり、先生の運用に合わせて選択する必要があります。

Case3
予約システムの活用

診療予約システム(受付待合関連機器システム)を上手く活用することで、診察室の混雑を緩和することができるようになります。予約システムの中には、診療予約と脱毛予約など(自費診療の予約)を同時に予約する機能を持つシステムや、事前に問診に答えてもらう機能をもつシステムもあります。 システムの機能を活用し、来院される患者様の状況を事前に理解することで、よりスムーズな診察を行うことができます。また、予約時間のお知らせや電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)との連携についてもスムーズに行えるシステムが増えています。