ケーススタディ

眼科

眼科診療所は、眼底カメラやスリットランプなどの検査画像と、視力や眼圧計、レフケラなどの検査数値を取り込み管理する必要があり、これら画像・検査情報(画像関連システム)をどのように電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)と連携していくかが重要となります。 また、他の診療科では診察後に検査という流れが一般的ですが、眼科の場合は検査後に診察することが多く、他科とは異なる順序となります。 さらに、シェーマ(スケッチ)を多く書く診療科のひとつであり、このスケッチについても、他の診療科と比べるとグラデーションを付けたり、色を変えたりと、様々な機能が必要となります。 最近では、筆圧(タッチペンの圧力)によってグラデーションが変わる機能なども開発されています。
眼科は外部連携が多いことや、端末数が多いことによって、ICT化投資の総額が他の診療科に比べ、高額になりがちです。 医院の運用に合わせて、連携する範囲を限定し、価格を低く抑える工夫も大切です。

イラスト

院内のシステム構成例

Case1
画像ファイリングとの連携

電子カルテ(診療所向け電子カルテ・レセコン)各種医療機器(医療機器・医療材料)を連携させることで、撮影した画像をそのまま電子カルテに貼り付けることができるようになります。カルテに直接イメージを添付することで、カルテ内容が充実するほか、患者様説明にも有効です。

Case2
予約システムの活用

診療予約システム(受付待合関連機器システム)をうまく活用することで、診察室の混雑を緩和することができるようになります。予約システムの中には、診察順番や診察時間が近づくと、携帯端末にメールを送る機能が付いているシステムもあります。 クリニックの運用に合う機能を持つ予約システムを探すことも重要なポイントです。また、予約システムから電子カルテへの患者情報の連携や、院内掲示への患者情報連携も可能です。

Case3
紙カルテの活用方法

紙カルテ運用の場合でも、紙カルテの情報や各種検査結果をスキャンしビューアシステム(診療所向け電子カルテ・レセコン)で管理することで、過去のデータをスピーディに閲覧できるようになります。また、この場合、将来的に電子カルテを採用した際にも、スキャンデータと電子カルテのデータを紐づけることで、過去カルテの閲覧がスムーズに行えます。