ニュースリリース

次期OS「Windows 10」は“帰ってきたWindows 7”ではない 注目の新機能とは?
記事提供:TechTargetジャパン

米Microsoftは9月30日(米国時間)、次期OS「Windows 10」を発表した。現行版「Windows 8.1」に多く寄せられた不満を解消しようとしている。

Windows 8.1の最大の特徴といえば、タブレットやタッチ対応のPC向けに設計された「Modern UI」である。“ライブタイル”と呼ばれるインタフェースは、アプリケーションの立ち上げなどをタッチ操作で容易に行える。起動したアプリケーションはフルスクリーンで表示される。このモードを利用できるのは、Modern UI向けに開発されたソフトウェアのみとなっている。

記事

デスクトップ/ノートPCユーザーに不評を買ったModern UI

Windows 8.1では、デスクトップモードに切り替えることで、これまでと同様のWindowsデスクトップを表示することができるが、従来のスタートボタンは備わっていない。このモードは、レガシーアプリケーションを利用する際や、ウィンドウの移動やサイズ変更といった操作に慣れたユーザーのために用意されている。

こうした仕組みはデスクトップ/ノートPCユーザーから不評を買い、消費者をWindowsベースのタブレットに引き付けることに結び付けられなかった。実際、タブレット市場における、Windowsタブレットのシェアは決して大きくない。ユーザーが挙げる最大の不満は、2つのモードの切り替えが面倒であることで、デスクトップ/ノートPCユーザーはModern UIを全く不要なモードと見なしている。

新機能「Continuum」とスタートボタンの復活

Microsoftが明らかにしたWindows 10の初期プレビューには、「Continuum」と呼ばれる機能が搭載される。これにより、タブレットとデスクトップの各モードの切り替えがよりスムーズになる。

コンピュータにキーボードとマウスを接続している場合、従来のデスクトップと同様のモードが選択される。複数のウィンドウを同時に表示したり、ウィンドウサイズを変更したりすることができる。また、スタートボタンも復活し、スタートメニューはライブタイルを表示する仕組みとなっている。

Microsoftの「Surface Pro 3」といったデバイスでは、キーボードを外すとタブレットモードに切り替わる。これは、アプリがフルスクリーンで起動する既存のModern UIと同様である。スタートボタンを押下すると、ライブタイルのページが表示される。利用中のアプリは、画面下のチャームバーで分かるようになっている。

ユーザーは手動でモードを切り替えることも可能だ。

節目となるWindows 10の新戦略

Windows 10は、Windows 8.1の後継となるOSだが、“Windows 9”という名称にはならなかった。

Windows 10のテクニカルプレビューは10月1日(米国時間)に提供開始。Microsoftによると、プレビュー版を配布する主な目的は、ユーザーからのフィードバックを集めることにあるという。製品版のリリースは2015年末ごろになる見通しだ。

Microsoftは、Windows 10をWindows 8に続く大規模アップグレードにしようと計画している。その後は、小規模のOSアップデートを積み重ねていく意向だ。

だが、このアップデート戦略は、特に企業のIT担当者などから少なからぬ非難を浴びるだろう。IT担当者は、自社のコンピュータをアップグレードするタイミングや方法について、完全に管理することを望んでいる。そのため、小規模のWindowsアップデートであっても、適用する前に事前の検証が必要になることを懸念している。

記事提供:TechTargetジャパン