ニュースリリース

知らないと恥ずかしい「クラウドアプリ」必修用語5選
記事提供:TechTargetジャパン

クラウドアプリケーションは、業務や私用目的に利用できる特定のテクノロジーの1種だ。これに関連してアーキテクトや開発者、ビジネス関係者が知っておかねばならないことは多い。

ビジネスやテクノロジーの専門用語が飛び交う中、クラウドアプリ用語を理解するには、身近な物事に例えて考えると分かりやすい。本稿では、覚えやすい例えを使って5つの重要なキーワードを紹介する。

記事

 キーワード1:クラウドアプリ

そもそもクラウドアプリとは何か。ある意味では空の雲に似ているが、雲よりもずっとコントロールしやすい。

アプリとは、ユーザーやプログラムが利用する特定の機能を実行するものだ。クラウドアプリは、Webアプリとデスクトップアプリの特徴の多くを兼ね備えており、クラウドでホストされたり、クラウド内で実行されたりする。クラウドアプリは多様な環境で利用でき、オフラインでも使え、オンライン更新が可能で、利用者のコンピュータ、スマートフォン、タブレットのディスクスペースを取らない。

雲は空に現れ、影を落としたり、雨を降らせて大地を潤したりしては消えていく。それと同じように、クラウドアプリもさまざまな機能を提供し、企業の従業員が情報を共有したり、情報にアクセスしたり、仕事をしたりするのを可能にして、また消えていく。

キーワード2: CAPM

クラウドアプリパフォーマンス管理(CAPMまたはクラウドAPM)は、クラウドアプリを利用する企業の“番犬”の役割を果たす。CAPMの目的は、クラウドアプリとそのリソースが適切に動作しているかどうかを確認することだ。これによって問題を回避したり迅速に解決したりできるので、ユーザーは安心できる。

CAPMツールは、アプリの応答時間を監視し、情報を相関エンジンとダッシュボードへ集約する。問題があれば、IT部門はこれに対処する。番犬と同じで、CAPMツールもツールごとに能力が異なる。問題発生を予測する付加機能を備えたツールや、既存の問題を自動的に解決できるツールもある。

キーワード3: VPC

仮想プライベートクラウド(VPC)は、雲の内部にある雲のようなものだ。多くのクラウドアプリ用語と同様、この用語も本当の意味を理解するには周囲に重なる雲を剥いでいかなければならない。

技術的には、サービス事業者のパブリッククラウドに存在するプライベートクラウドを言う。マルチテナントのパブリッククラウドである点は変わらないが、利用者のセキュリティは強化されている。ユーザー企業やエンドユーザーとクラウド事業者との間でやりとりするデータは、トンネリング、暗号化、プライベートIPアドレス、利用者ごとに割り当てられるVLANによって保護される。

キーワード4:アプリ移行

入国手続きでは、長い行列に並び、質問に答えなければならない。かつ入国できるのは、政治的問題がなければの話だ。こうした国から国への移動と同じく、アプリの移行も簡単ではない。アプリ移行は、ある環境から別の環境へアプリを移すときに実施する。クラウドに関連する文脈では、ほとんどの場合、オンプレミスサーバからクラウドへ、または現在のクラウドから別のクラウドへ移行することをいう。

ホストプラットフォームが変わるので、アプリ移行には困難が伴う。ある国で生まれ育った人が別の国になじむには、どんなに前もって準備していても苦労するのと同じだ。同じ言語を使う国だとしても楽ではない(米国とオーストラリアでも随分違う)。クラウドから別のクラウドへ移行する場合も、運用方法がクラウドベンダーごとに異なるので、オンプレミスからクラウドへの移行ほどではないにしろ簡単ではない。

キーワード5: OASIS CAMP

「OASIS CAMP(Cloud Application Management for Platforms)」は、“CAMP”(キャンプ)といっても楽しいサマーキャンプのことではない。クラウド環境間のやりとりの向上とクラウドアプリ管理の簡素化を目指した標準のことだ。

OASISは、Organization for the Advancement of Structured Information Standards(構造化情報標準促進協会)の略で、非営利の国際標準化団体である。CAMPは、さまざまな環境でクラウドを利用しやすくする標準的なAPIを作成する目的で、OASISに提出された。キャンプが子ども時代の標準的な体験であるように、CAMPも1つの標準だ。CAMPはさまざまな状況に役立つ。特に企業のアプリ移行はこの標準でやりやすくなるだろう。

記事提供:TechTargetジャパン